遺産分割

遺産分割

葬儀費用は相続財産か?遺産分割でもめないために知っておくべきこと

葬儀費用は相続財産ではないため、遺産分割の対象ではありません。つまり、葬儀費用は原則相続人が自分の財布で支払うものと言えます。もちろん、遺産分割の対象として相続人全員が合意して、相続財産から葬儀費用を控除して残ったあとの遺産について話合いを進めることは問題のないことです。
遺産分割

子供がいないときの相続人は誰?交流のほとんどない相続人から遺産分割に協力してもらう方法

子供のいない人が亡くなると兄弟姉妹と甥姪が相続人となるケースが多いです。この場合は相続人全員から遺産分割協議書に押印をもらうのは相当苦労します。子がいない場合の法定相続人と、必要となる戸籍の収集方法、紛争に発展しないで相続人全員から遺産分割で協力を得る方法についてお話をしたいと思います。
預金相続

「相続人に未成年の子供がいるなら特別代理人を選任してください!」と預金解約の窓口で言われた時に知っておくべきこと

相続人の一人が未成年の場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらう必要があります。特別代理人は未成年者の代わりに遺産分割協議に参加するため、必然的に裁判所の意見を反映させた名義変更となります。具体的に裁判所が関与した名義変更となると何が面倒かというと、未成年者の相続分を法定相続分以下にできません!